壊れてしまったバイクは2種類に分けられることがあります。事故車と不動車です。元々は同じバイクでしたが、そのあとの状態によって、買取価格は大きく違ってきます。よって、注意が必要です。この知識を頭に入れておくことが大切です。

事故車事故車はパーツとしての利用価値があるかどうかで大きく価格が変化してきます。つまり、バイクを分解し、使用できるパーツがあるかないかで変化するということになります。パーツとして利用価値が残存している場合、その壊れてしまってたバイクは数万円から十万円ほどで買い取ってもらえることがあります。

長期間、放置しておくことによって動かなくなったバイクは不動車に分類されます。この不動車の場合、事故車よりも高額となる場合がほとんどです。なぜなら、不動車はプロのメンテナンスを行えば、再走行することが充分に考えられるからです。部品交換を行えば、その後に整備され、店頭にて販売されていることもあるかもしれません。

こう考えてみると、事故で動かなくなってしまった事故車と長期間放置により動かなくなってしまった不動車の買取価格は違いがあります。どのパターンに合致するかを確かめる必要性があるでしょう。自分の思い込みではなく、プロの買取専門店で相談した方が売却に有益な情報を引き出せます。